習近平国家副主席とパネッタ米国防長官の会談で日中関係の深刻度が分かる。

習近平国家副主席(中央軍事委員会副主席)は19日午前、パネッタ米国防長官らと人民大会堂で会談したが、その場の習近平副主席の主張は、満州事変を引き起こした日本軍の柳条湖事件にまで言及し、日本の一部の政治家を非難したと伝えられている。
中国の「人民中国」web版によると、
<習副主席は釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題における中国の厳正な立場を明らかにしたうえで「81年前、日本は『九一八事変』(柳条湖事件・満州事変)を引き起こして内外を驚愕させた。
日本軍国主義は中華民族に深刻な災禍をもたらしただけでなく、米国を含むアジア太平洋諸国にも多大な傷を与えた。
日本の一部政治勢力は隣国とアジア太平洋諸国にもたらした戦争の傷を深く反省しないばかりか、さらにひどくなり、過ちに過ちを重ね、『島購入』の茶番を演じ、カイロ宣言とポツダム宣言の国際法上の効力に公然と疑問を呈し、隣国との領土紛争を激化させるなどしている。
世界反ファシズム戦争の勝利の成果を否定し、戦後国際秩序に挑戦しようと企む日本の行為を国際社会は断じて許すわけにいかない。
日本は瀬戸際で踏みとどまり、中国の主権と領土保全を損なう全ての誤った言動を止めるべきである。
米側が地域の平和と安定の大局に立ち、言動を慎み、釣魚島の主権係争に介入せず、対立の激化や情勢の一層の複雑化を招きうるいかなる行動も取らないよう望む」と述べた。>

さらに、読売新聞9月20日(木)15時32分【北京=竹内誠一郎】によれば、
【中国軍の5将軍は主戦論「断固として軍事行動」】
中国人民解放軍内で、日本の自衛隊が尖閣諸島に出動した場合、軍事行動を辞さないとする発言が相次いでいる。
強硬姿勢を示して日本をけん制する一方、危機を強調することで政権内での軍の発言力を強める政治的意図もあるとみられる。
中国系香港紙「文匯報」によると、北京で15日、将軍5人の座談会が開かれ、徐光裕少将(軍防化指揮工程学院の元副院長)は「海上自衛隊が釣魚島(尖閣諸島の中国名)の12カイリ内に入るか、中国の民間船舶を攻撃すれば、断固として軍事行動を取る」と述べた。
他の4人も主戦論を展開した。
軍関係の研究機関・中国政策科学研究会の彭光謙少将は14日のシンポジウムで、「自衛隊が釣魚島に上陸すれば、一線を越えたことになる。
軍はいつでも使命を履行できる」と述べた。とも伝えられている。

今、日本のマスコミは一部の暴徒化したデモを中心に報道しているが、この二つの報道を見ると、今回の野田内閣の外交上の不手際は即刻、総辞職せざるを得ないほどの過ちであったのに、総理は「此処までの事態は想定し得なかった」と、述べているそうだが、あまりにも中国事情を知らなすぎる総理だな~と呆れている。
そして、この混乱の中で、民主党代表選挙は「野田圧勝」と伝えられているが、民主党議員、民主党支持者は、何の反省もなく野田再選が日本の国益に叶うと思っているのか?信じられない思いがする。

私の多くの知人(中国人)からも、何故、日中友好40周年を祝おうという時、中国との関係を悪化させるだろう尖閣諸島の国有化などしたのだろう?と問われているが、正に外交音痴が引き起こした不始末だと思う。
領土問題は、靖国神社参拝問題や過去にあったと云われる慰安婦問題とは異質の問題で、国会議員もマスコミも、一触即発の危険を孕んでいることを承知した上で言動や報道に気を配って欲しい。
今回の日中関係悪化の真犯人は、勿論、野田政権の幼稚な外交力であるが、マスメディアの反中国キャンペーンも大きな原因である。このキャンペーンの結果、日本国内において反中国感情が広がったことから、石原都知事のパフォーマンスで尖閣購入話しが生じた上、韓国の李明博大統領が竹島上陸で人気回復した真似をして、野田総理が「尖閣国有化」で支持率回復を狙ったとも思える。全く幼稚な話しである。

今のままでは、日中関係は改善しない。内閣が代わることが第一歩になる。そして官僚レベルではなく、政界・民間のあらゆるチャンネルを生かすと同時に、頭脳を働かせて尖閣問題の解決策を探る必要がある。
日本と中国との関係が断絶すれば、日本経済は崩壊する。これは実に危険である。経済危機は『戦争論』を高める。今こそ、マスメディアと国会議員は満州事変を翻って反省し、自制して欲しい。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック