「未来の党」→「生活の党」での再出発は正しい選択だと思う。

「国民の生活が第一」が「日本未来の党」を経て「生活の党」に名称を変更し、森ゆうこ議員が新代表に就任した。
総選挙で議席を大幅に減少させ、混乱が続いていたが、先ずは順当な着地ということだろう。
嘉田代表は、元々、リベラルというよりも左派色の強い人だとは思っていたが、社民党を離党した阿部知子氏を共同代表にするという案を提示したとき、いよいよ左派色を前面に出す気だなと感じたので、この案を国民の生活出身議員が受け入れられる筈はないと思った通り、全員から反対されて混乱になったが、これは当然の破局である。

マスメディア報道では、小沢氏の我が儘とか、森ゆう子議員たちの我が儘だとか、お金の問題だとか、嘉田代表寄りの報道が罷り通っているが、この破局の本質は政治思想の違いであり、嘉田代表曰く「家風の違い」であろう。
ただ、この家風の違いは、政治素人の私でも判っていたので、合流の話しが出たときから、小沢氏が何故、嘉田知事と組むのか?これこそが野合だと思った。
この合流は、達増岩手県知事の手引きであったらしいが、嘉田知事の本質を見誤ったことは、小沢一郎氏の失策であることは間違いない。

しかし、遅ればせながら分党できたことは良かったと思う。
国民の生活が第一の面々が、嘉田代表の阿部知子氏共同代表案を受け入れていたとしたら、左派政党として来るべき参議院選挙を戦うことになったし、保守リベラル政党として支持してきた多くの支援者を失うことになったろう。

「未来の党」から「生活の党」に名を代えた、保守リベラル政党の再出発を応援していきたいと思う。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック