喉頭癌治療の副作用と後遺症

抗癌剤・放射線による一連の治療を終えて2週間を経たが、未だに口腔には粘膜炎があって食べるものや量のコントロールが必要で、食欲の阻害要因になっている。
この粘膜炎を抑える(治す)薬は、日本では開発されておらず、欧米の開発を待っている状況らしいが、時間がかかるとのことで、私の治療には間に合わないんだろう。
ただ、私の症状は、食べ物を飲み込むことは可能だし、幸いにも味覚が戻りつつあってうなぎの蒲焼きを食べてみたい、厚いステーキを頬張ってみたいなどの食欲が出てきたことから、軽度の粘膜炎ということらしいので、自然(自力)回復を待つことは出来るだろう。
それにしても検査、入院、通院という治療期間は長かったし、心身が疲れ気味なことは間違いないので、これを癒やして健康な元の生活に戻さねばならないと思い、来週初めから四日間ほど伊豆・箱根の温泉巡りを考えている。(^o^)