テーマ:政治

東京オリンピック・メインスタジアムは設計変更すべし!

2020年東京五輪・パラリンピックのメイン競技場となる新国立競技場(東京都新宿区)の建設計画が揺らいでいる。 建設費が現行の1625億円から2520億円にも膨らむ可能性が浮上し、2019年9月開幕のラグビー・ワールドカップ(W杯)に間に合うかも微妙な情勢とのこと。 事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)は7日、東京都内で有識者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民・公明党議員も中国と戦争する気なの??

週刊現代(7/4号)に「スクープ入手!戦争やる気満々安倍オフレコ発言ぜんぶ書く」と題された記事がある。これは6月1日、高級中華料理店「赤坂飯店」で開かれた「オフ懇」の様子が詳細に明かされているのだが、その発言は一国の総理としての発言かな?と思える下品な発言ばかりなので、全部を紹介しても仕方ない。 この中で、特に安保関連についての発言を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍政権暴走の責任は、連立を組む公明党(と創価学会)も自覚すべきだ。

☆「自民党では東京裁判や憲法の制定過程を検証する方針とのこと。 ☆今、自民党では勇ましい何か戦前の軍人のようなことを言ったほうが評価される風潮のようです。 ☆昨今の報道規制論もそうですが、ある意味で一貫していてとてもわかりやすいですね。 ☆総理の歴史観が党内に浸透しているということなのでしょう。・・・ これらは小沢一郎事務所が発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

報道の自由を守ることが民主国家を守ることになる。

web情報によると、自民党の若手議員約40人が25日、憲法改正を推進する勉強会「文化芸術懇話会」の初会合を党本部で開いたが、その席では安全保障関連法案に対する国民の理解が広がらないのは、報道機関の報道姿勢に問題があるという意見が多く出たそうだ。 そして講師として招いていたNHK経営委員・百田尚樹氏に報道批判の助言を求めたところ、百田氏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

違憲法案は撤回し、堂々と改憲論議をすれば良い。

今年は傘寿を迎える年。年初から喉頭癌を告知されて放射線+抗がん剤の併用治療を続けていたが、治療に4ヶ月ほどを要したものの、副作用も治まり元の生活に戻ることが出来た。 戻ってみて、国会中継を視聴したり、ニュースを見たりしていると、日本という国は本当に独立した民主国家なのかな? と将来への不安(孫たちの時代)が高まってきている。 22日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政治家の責任放棄って何か?

安倍首相は18日午前の衆院予算委員会集中審議の中で、集団的自衛権の限定行使を盛り込んだ安全保障関連法案について「憲法解釈に固執するのは、政治家として責任放棄だ。」とか発言して憲法解釈変更の正当性を改めて主張したとの記事を読売web版で見たが、その読売は首相の発言を至極当然の如く記事にしている。 首相のこの発言は、紛れもなく憲法違反その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集団的自衛権の閣議決定について思うこと。

今日の国会審議を聞いていて、外務大臣が「アメリカとの関係を壊したくない」と正直に答弁していたので、政府がアメリカとの安保条約を強化するために憲法違反を承知の上で閣議決定したということだけはハッキリしたが、細目については全く理解できなかった。 私がハッキリ云えることは、戦争を知っている者の多くが、この閣議決定に疑義を感じ、恐れているだろ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

平和な時代を生きてきた国民が、今後は若者に命を守って貰う気なのか?

集団的自衛権の行使を閣議決定しても、行政府がこれを行使できるのかな~?という疑問は拭いきれない。 閣議決定なんて内閣が代わればいつでも自由に替えることが出来るんだろう。民主党政府が2030年には原発を廃止するという閣議決定したのに、内閣が代わったらベース電源にするということに替えてしまった如くにである。 それよりも自衛隊を戦闘地域に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大本営組織の構築に着手したような動きか?

安倍政権が任命したNHK経営委員の無節操な発言を見聞していると、日清戦争当時に始まった国営放送「大本営発表」時代を思わせる報道管制への道へ突き進もうとしているように見える。 籾井会長の就任記者会見の従軍慰安婦発言に始まり、この発言の波紋が世界に広がっている中で、首相の肝煎りで起用した長谷川、百田両氏の問題が加わり、政府は火消しに努めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「エコノミストの間で弱気な見方がじわりと広がっている。」

日経新聞web版に次のような記事があった。 <4月に消費増税を控えたいま、景気回復は本当に順調なのか――。エコノミストの間で弱気な見方がじわりと広がっている。 31日に出そろった2013年12月の経済指標を踏まえ、民間調査機関13社が13年10~12月期の国内総生産(GDP)を予測したところ、実質経済成長率は前期比の年率換算で1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公明党の舛添支持と創価学会平和宣言とのねじれ現象は何か?

細川・小泉氏が唱える原発即ゼロの主張に対して、その手順を示せという政治家やマスコミ関係者がいるが、今、原発は動いていると思っているのだろうか? 今現在、原発は何基動いているの?今現在の原発はゼロでしょう。昨年の暑さにも今の寒さでも電気不足の声は聞こえない。この寒風の中で、国会議事堂の夜間ライトアップも復活した。 20年後、30年後に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舛添候補の当選は「原発再稼働」にお墨付きを与えることになる。

東京都知事選は舛添氏有利とか・・自民・公明・連合の組織票があるから、さもありなん。とは思うけど、一般都民(いわゆる浮動票)の票も舛添氏に多く行くのだろうか? 舛添氏の勝利ということは、原発再稼働にお墨付きを与えることになる。都民の意識は3年前の福島事故で汚染された水道水が飲めなくなった不幸を忘れてしまったのかな~? 今回の都知事選の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

脱原発は都民の問題ではない!という人もいるが、否・都民の大問題である。

テレビ報道、新聞報道を見聞きしていると、社説やコメンテーターたちが脱原発のシングルイシューで都知事選を行うべきでなく、広く社会保障やオリンピック準備etc幅広く唱えるべきと細川-小泉ラインをバッシングしているが、今、東京都が抱える大きな問題に福島事故による原発汚染問題がある。 確かにオリンピック準備も欠かせないし、東京直下型地震の備え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安部首相の靖国参拝は再軍備への足固めか?

首相の靖国参拝は、もとより中国、韓国の反発は想定内であったはずで、むしろ両国から反発があれば日本国内に反中国・反韓国の感情を強めることに成功するので、安倍政権が狙う集団的自衛権の行使や軍備強化、強いては憲法改正による再軍備への足固めに役立つという読みがあったのだろうが、実に軽薄な行動と云うことが出来る。 安部政権は、村山談話、河野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あまりにも愚かな安倍内閣と自公議員の頭脳

特定秘密保護法案が成立したが、この法案が国家安全保障会議(日本版NSC)とセットでアメリカから要請されていることは政治を司る者は百も承知であろう。 そしてこの法案がTPPや中国防空識別圏設定にも大いに関わりがある法案であることを先日の私のブログにも書いた。 ここで私が懸念していることは、何故にアメリカが日本に様々な要求を突きつけてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TPP・尖閣問題・特定秘密保護法案etcと中国防空識別圏設定は無関係か?

隷米・日本が進めるTPP交渉や特定秘密保護法案と、中国が新たに設定して緊張を高めている防空識別圏設定の動きは無関係とは思えない緊張感を抱かせている。 中国・ロシア両国は、もともとアメリカのアジア関与に警戒感を抱いていた筈で、アメリカ主導のTPPについても賛成しかねていると思えるので、今後、様々な形で関係国に圧力らしき動きをすると思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本はナチス路線上にあることを国民は気づいて欲しい。

先日は麻生副総理がナチス発言をして撤回したが、今朝の朝日新聞には坂田元法制局長官が集団的自衛権の解釈変更の動きを批判している記事が載っていた。 この批判は、安倍政権がなし崩し方式で憲法解釈を変えようとしている正にナチス方式に陥る危険性を孕んでいるという批判であり、実に真っ当な批判である。 今、先の参院選で惨敗した野党が、この動きを批…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ねじれ解消で強い経済、強い日本を取り戻す」と云うが時代錯誤の発想である。

参院選序盤情勢は「自民圧勝」の報が飛び交っているが本当にそれで良いのかな~?と思う。それにしても報道が偏っているのか?野党の本気度が薄いのか?その双方に原因があるのだろうが、日本っていう国は人任せ、風任せの国民が多いようだし、これじゃ民主主義は根付かないだろう。 少子化、老齢化が進む日本は何処へ行っちゃうんだろう?と心配が募る。 自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党マニフェストは崩壊の始まりだね。

民主党が25日に発表した参院選マニフェスト(政権公約)では東京都議選の惨敗を反省することなく、懲りずに「アベノミクス」を攻撃のターゲットに据えて「強い副作用がある。」との批判を前面に出している。 加えてTPP参加についても明確に反対色は出さず自民党的な玉虫色の表現になっている。 アベノミクスは確かに副作用はあるが、この副作用を国民が…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

民主党の東京都議選での大敗は当然。

この結果をどう反省するのか?民主党の存続意義が問われているだろうし、投票率が低かったことも民主党の責任である。 そもそも公明党に破れた上に、共産党にも抜かれてしまった党勢の立て直しには解党的出直しが必要だと思う。 有権者の多くが棄権に回ったが、その無党派層は自民党、公明党を決して支持していない。自公には投票したくないが、今の民主党に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸川のウナギに放射性セシウムが・・

今月7日のニュースだけど、原発推進国フランスのオランド大統領来日のニュースと安倍首相の「原発再稼働」「原発輸出」演説が大きく報道されている。 その陰で、江戸川のウナギに放射性セシウムが検出されて出荷の自粛を要請したという報道が静かに、その事実だけを簡単に伝えている。 今、こんなニュースが大きく報道されると、安倍内閣の支持率に悪影響が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

高市早苗政調会長の発言に異議あり。

12日のNHK討論で高市政調会長は「当時の日本は経済封鎖を含めて世界に包囲された。この状況を脱するためにアジア進出を図ったもので「国策の誤りではない。」と明言しているが、これは可笑しくないか?誰も指摘はしなかったが、では何故?世界から敵視されたのか?が抜けてしまっていた。 こんな発言をしていては、北朝鮮を責める資格なんてないに等しい。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

最近の株高は景気上昇の期待?単なるマネーゲーム?

長い連休が明けた5月8日の証券市場は1円72銭の円安を受けて日経平均終値486円高の1万4180円(4年11カ月ぶり水準)ということで「アベノミクスで景気回復!」を謳歌している如くに見えるが、果たして実態を伴っているんだろうか?甚だ疑問である。 日本は輸出立国であり、円安になれば輸出企業が儲かるので雇用にも繋がるという論調だが、4月1…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

政府とメディアの癒着がハッキリした国民栄誉賞

昨5月5日、東京ドームで行われた長島氏、松井氏の国民栄誉賞授賞式はあまりにも国民を愚弄した演出だった。 これは国民栄誉賞授賞式というよりも読売ジャイアンツ賞授賞式の演出に国民の税金を使ったという印象を受けた。 国民の大半が読売ジャイアンツフアンでないだろうし、この多くの国民の目にはどう映ったのだろうか? 私は長島、松井フアンの一人…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日本は民主主義の原点(三権分立)の精神を尊ぶべし

最高裁の違憲状態とした判決を無視し続けたままの昨年末の衆院選挙では、全国各地の高裁から「違憲」の判決が相次いだが、それでも国会は、この司法判断を受け止めようとしない。 三権分立とはいったい何なのか?司法の崩壊は既に様々な形で論じられているが、これに加えて立法府までが崩壊してしまっては、もはや日本は民主国家とは言いがたいのではないだろう…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「未来の党」→「生活の党」での再出発は正しい選択だと思う。

「国民の生活が第一」が「日本未来の党」を経て「生活の党」に名称を変更し、森ゆうこ議員が新代表に就任した。 総選挙で議席を大幅に減少させ、混乱が続いていたが、先ずは順当な着地ということだろう。 嘉田代表は、元々、リベラルというよりも左派色の強い人だとは思っていたが、社民党を離党した阿部知子氏を共同代表にするという案を提示したとき、いよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党は日本の右傾化を止めることが出来るのか?

民主党が25日、新しい代表を選ぶことになり、海江田氏と馬淵氏の一騎打ちになるようだが、かっての民主党(中道路線であった当時)の支持者の一人として、海江田氏優勢との報が当たって欲しいと思っている。 野田総理(前?)が負けることを承知で解散を決断した頭の中には、選挙に勝っても、負けても、リベラル中道勢力が減れば民主党と自民党の協力関係…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嘉田代表の「未来の党」は消滅するだろう。応援は止めた。

「国民の生活が第一」が「未来の党」に合流したときの記者会見で嘉田代表が「小沢氏には隠れて貰う」と云ったときに未来の党は消滅すると感じたが、その後の総選挙で惨敗し、県議会からも批判を受けたので、嘉田氏は代表を辞任して小沢氏と亀井氏が表で活動することになるのか?と注視してきた。 ところが「嘉田知事、阿部氏と共同代表に・・」という報道に接し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏は自らの政治生命を終わらせるのか?

第46回衆議院議員総選挙が終わり自民党圧勝という結果になったが、自民党への投票総数は前回総選挙の際の投票数を下回っているようで、これは自民党勝利というより、民主党の惨敗という結果だと思う。 その要因は様々云われているが、最も大きな原因は、政権与党である筈の民主党が、野党との三党合意なる談合政治によって民主党の理念まで捨て去り、消費税増…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏裁判で東京高裁は「元秘書」の冤罪にも言及?

陸山会冤罪事件の決着が近づいて来たのかも知れない。昨日(12日)の検察審査会強制起訴による小沢氏の高裁判決で、小沢氏の無罪が云い渡されたが、この判決は至極当然の判決であったと思う。 私は元々、西松建設違法献金問題が冤罪と思い、この事件をウオッチしブログにも冤罪を書き続けてきたが、西松建設事件で行き詰まった検察が訴因を変更してまで、今度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more