政府とメディアの癒着がハッキリした国民栄誉賞

昨5月5日、東京ドームで行われた長島氏、松井氏の国民栄誉賞授賞式はあまりにも国民を愚弄した演出だった。
これは国民栄誉賞授賞式というよりも読売ジャイアンツ賞授賞式の演出に国民の税金を使ったという印象を受けた。
国民の大半が読売ジャイアンツフアンでないだろうし、この多くの国民の目にはどう映ったのだろうか?
私は長島、松井フアンの一人だが、それでも目を覆いたくなる演出だった。
そもそも国民栄誉賞は、その人が国民全体に与えた功績を称えて授与するもので、読売ジャイアンツに与えた功績を称えるものではない。
松井選手の引退セレモニーを読売ジャイアンツが盛大に行うことには納得できるが、国民栄誉賞授賞式を絡めたことには大いに疑問がある。
国民栄誉賞は、野球フアンでない人たちにも称賛を感じさせるべきで、この授賞式はもっと厳粛に、従来の授賞式同様に官邸で行うべきだったと考えるが、他のメディアから批判が一切出ないことにも大いに疑問がある。
これだけ政府とメディアの癒着をハッキリさせた国は世界にはあるまい。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック

  • プラダ 財布

    Excerpt: 政府とメディアの癒着がハッキリした国民栄誉賞 KAZUの雑記帳/ウェブリブログ Weblog: プラダ 財布 racked: 2013-07-09 06:55
  • エアマックス 95

    Excerpt: 政府とメディアの癒着がハッキリした国民栄誉賞 KAZUの雑記帳/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 95 racked: 2013-07-10 08:13